« 『OLDEENGLISH 800』 | トップページ | 『薩摩宝山』 »

2008年9月 9日 (火)

『KIRIN“秋味”』

『KIRIN“秋味”』

先日、えれ~いろっぽいお客さんがお店に来た時の話。

彼女は超ミニのデニムスカートにビッチビチのタンクトップを羽織り、なんともま~たまらん“不二子ちゃ~んオーラ”を発していた。ところが彼女の後から入って来た彼氏らしき男がなんともま~つまらん“チャバネゴキブリオーラ”を垂れ流しているというかなんというか…要するに全っ然イケてないんだわさ。
ところがさ、そんな彼氏を好きになるって事は彼女もつまり…案の定、そのカップルが“日本版シド&ナンシー”であるという事に気がつくまではそう時間もかからなかった。コレがマジ会話の内容だぜ?イクラちゃんもビックリだぜ?

「にぇえにぇえ~、アチキはゴキュゴキュ系がいいぞなぁ~!」
「ふむふむ、ほんなら“愛だろ?愛”系でいきますか!…と言いたい所だけどおお~?」
「にゃににゃに~?」
「今夜は雨が降るという予測なので、フィレオフィッシュとルービーで決定!金メダル!」
「キャハハハ~!ト○くんオモロオオオオ!」

…気分良くV6の“メイドインジャパン”を鼻歌でゴキゲンに歌ってた俺も、流石に彼らの不思議発不思議行きの会話を聴いた後は、近くに陳列してたアルコール度数96%のウォッカ“スピリタス”をグラスに並々に注ぎ「当店ご自慢の“飛騨高山天然伏流水ミネラル風味”です!どうぞ!」と差し出してやろうかと思いました…嗚呼、でもそんな肥後っ子シドを羨ましく思う俺がいるのが情けないっちゃぁ情けないんだけどね(笑)


さて、今回ご紹介するのは店舗でも大々的に特設コーナーまで作って鬼の様な販促活動に燃えに燃えている季節限定商品であるビール
『KIRIN“秋味”』で行ってみましょ!

Photo_6 毎年この時期になるとお目見えするのが恒例となっている“赤ラベル”。キリンの他種と比較して麦芽使用量1.3本分。アルコール度数もちょい高の6%と、随分と贅沢な仕様となっています。クソ熱い夏にグビグビッとかき込む様に飲むビールは、まさに“喉越し命”的な部分を求めら…いや、とにかくキンキンに冷やしてガンガンに飲むってな感じが一番美味かったんだけど、少し気温も落ち着いてきたこの頃、おいしい料理などと一緒にしっかりと味わいながらジックリと美味さを堪能するには持って来いのビール。俺は個人的に“濃い”や“強い”ってなキーワードの酒が大好きなもので、この秋味も個人的には超お気に入りの1品でやんす!

Photo_5 サンマかなんかとこの秋味…そんな夜にピッタリのHIPHO…なんてねぇよ!(笑)。でもね、やっぱじっくりと音楽を“味わう”のならばやっぱ大人のR&Bってな事でBrian McKnightの『Anytime』なんてどうっすかね!。なんだか今シーンを熱くしてるってか、もっと簡単に言えば“売れてる”R&Bのアーティストって結構な若手が多いでしょ?俺がR&Bアーティストに一番求める部分は“歌える”事…ガンガンイカしたダンスなんていらね~よ(笑)。そこいくとBrian McKnightなんてホントに安心して聴けるわな。

PS ちなみに最初に紹介したナチュラルボーンバカップルなんだけど…結局カクテルパートナー2本と、かっぱえびせん韓国海苔風味を買って行きやがった
愛だろ?愛(笑)

|

« 『OLDEENGLISH 800』 | トップページ | 『薩摩宝山』 »

ビール」カテゴリの記事

コメント

んなことより!
今、店頭では“事故米”で大忙しですばい!
続々と返品&交換が続出中!!!
休み明けは存分にクレームの嵐をご堪能されたし!(^^)

投稿: SENMU | 2008年9月10日 (水) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088733/23626045

この記事へのトラックバック一覧です: 『KIRIN“秋味”』:

« 『OLDEENGLISH 800』 | トップページ | 『薩摩宝山』 »