« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月23日 (木)

『キャプテン・モルガン・スパイシーラム』

ども~!俺っすよ~!

てかやっぱり酒屋で仕事をしている以上、休みの前日ってのは “今夜の1本” てのをついつい買って帰りたくなるってのが真情剛な訳です。ま、俺は必ずといっていい程、そんな時は自己的師匠でもある副店長にあれこれと希望や要望をのたまい、それに最も適している1本をチョイスしてもらうんですわ…え?酒屋ならテメエで選んだらどうなんだこのタスマニアデビルが?…ハイ、今心の中で一瞬でもそう思ったそこのアナタ!今すぐツチノコを本気で捕獲する事が目的のNPO法人でも設立しちゃいなっ!

んなこたいいとして、「1000円前後で一気に飲んでしまいちゃう様な奴じゃない結構長持ち系をお願いしまくらちよこ!」というエコビッチな要求に対して、こないだ選んでもらったのが今回ご紹介する1本 『キャプテン モルガン スパイスド ラム』です!

Photo 1635年頃イギリスに生まれ、カリブ海の海賊の頭目となったヘンリー・モーガンの名前をとったこのスパイシーラム。まずなんともま~甘~い香りにヤラれましたよ!え?ラムってこんな香りだったっけ?以前バカルディ飲んだ時にはなかった感覚だよな~っつ~事を考えてたんですが、それもその筈、プエルトリコ産のゴールドラムに、バニラスパイスとトロピカルフレーバーを加えてあるってんだから納得!

ラムだから当然アルコール度数も35度あるんだけど、まずちょいとロックでチョビリッ!

これが美味い美味い!

んでもって今度は自己的師匠のアドバイス通り、炭酸とトニックウォーターでそれぞれトライ。

これが更に美味い美味い!(笑)

案の定カッパカパ飲んじゃって、ボトル半分を空ける始末。ま、次の日仕事が休みだっつ~事で自分自身に遠慮なくガッツンガッツン呑んじゃいましたが…次の日の朝はなんとも不愉快な気分の目覚めとなってしまいました(笑)。いくら美味いからといってもラムを一気にボトル半分空けちゃダメでっせ!(笑)

Fatjor っつ~事で今回の1枚はキャプテン・モルガンに勝るとも劣らないスパイシーなヤツを!ってな事で、ニュー・ヨーク、ブロンクス出身の巨漢プエルトリカン・ラッパーであるファット・ジョーのアルバム 『Represent』 ご紹介!元々D.I.T.C.Diggin' in the Crates Crew)のメンバーである彼、当然のごとく1stアルバムである “Represent” はDiamond DLord Finessといった周辺の大物がプロデュース陣に名を連ねておりますですハイ!特に個人的にはニューミュージックセミナーのゲストMCとして彼が出演した時にライヴでやってた Flow Joe がメタメタ好きで、このアルバムも即効GETしたのを思い出しますわな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

『Underbelg(ウンダーベルグ)』

どもっ!俺っす!

いきなりですが…

真夏のシャワー、天気のいい朝、風呂上り、キンキンに冷えたコーラ、ミントティー、しゃべらない松岡修造…これらに共通している事は

そう!爽やか!!!

Underbergやっぱ誰もが爽やかな気分・状態でいたいというのは当たり前…その爽やかな気分になれる酒ってのがあるんですわ!それがこの 『Underbelg(ウンダーベルグ)』!だってパッケージにモロ “さわやかで爽快な気分になれます” って表記してあるんだもんよ!随分と前から気にはなっていたものの、あまりのダイレクトさと予想が付かない味に購入を躊躇していた俺。しかし、いよいよ勇気をだして飲んで見る事に!まず、その前に “酒のクワイ・ガンジン” ことアルコール・ジェダイマスターであるウチの副店長に「どんな味っすか?」と聞いてみた所

「クスリみたいな味ですね・・・」

とのアンサーが!なんじゃそりゃあああ~!さわやか?爽快?益々もって怪しい!どの位怪しいかというと口裂け女に時速50km位で追いかけられた事があるという虚言を吐きやがる俺のダチくらい怪しい!しかし、怪しければ怪しいほど俺の好奇心はかき立てられた訳でして(笑)。

一口そのまま飲んでみた所…苦っ!まさに薬

しかもアルコール度数44%だぜ!ウォッカやジンもビックリドッキリメカじゃんよ!こりゃ本格的にヤベー~な~っつ~事で、クワイ・ガンジンの教え通り、トニックウォーターで割ってみた所…

お?お?お?…さ、爽やかあああああああ~!!!!

本国ドイツではかなり愛飲者も多いらしく、流石に世界43カ国から集められた40種類のハーブをブレンドしているだけに、トニックで割ったとたんに丁度いい爽快感が際立ち、なんとも不思議な感じ!こりゃ確かにハマるわ!はい、合格!

Pete っつ~事でそんな爽やかなウンダーベルグを飲みながら聴きましょうよ!PETE ROCKの『SURVIVING ELEMENTS FROM SOUL SURVIVOR 2 SESSIONS』を!ご存知個人的には最も大好きなDJ兼プロデューサーのPETE ROCKですが、同じようなインストアルバムとしてリリースされている 『PETESTRUMENTAKS』 よりもこっちの方が“爽やか~”(笑)。っとまあ無理矢理こじつけ的な感はあるものの、彼の持ち味ってのが元々“DOPEなファンクネス” だと思うんで、爽やかかどうかはアレですが、最近メッキリアブストラクトな方向へ向かっているような彼だけに、こういった “本道” 的な音を聴くと、あ~やっぱPETE ROCKはえ~な~と再確認できるのであった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

『喜界島酒造 “三年寝太蔵”』

ちょいと前の話になりますが、ひっそりと “黒糖焼酎ブーム” なんてのがありましたよね。それまで焼酎と言えば米・芋・麦が定番でしたが、この “れぺぜん奄美諸島” と呼ぶに相応しい焼酎がTVや雑誌を通じて脚光を浴び始めた時期を思い出します。

日本人は流行りに敏感…裏を返せば “ミーハー” だと言えると思いますが、俺自身も決してそうでないとは言いがたく、丁度その頃ダチを引き連れてはコジャレた焼酎バーなんぞに夜な夜な繰り出しては味どころか名前もルーツも全く知らない “さとうきび焼酎” を、あたかもしょっちゅう飲んでるかのごとくオーダーしていたろくでなしブルース君でした(笑)

今では仕事柄、黒糖焼酎も当然のごとく扱っている故に、銘柄なども頭に入ってきているだけに、あの頃俺が飲んでたのは一体どの黒糖焼酎だったんだろう???と自分自身のチョイスを完全に忘れちまっている事に情けなくなってきます(笑)

今回は、そんな黒糖焼酎の1本である 『喜界島酒造 “三年寝太蔵”』 をご紹介します!

Photo_3 いきなりの感想ですが、これがホントに旨いんですわ!こいつを飲むきっかけになったのも毎度の事ながらマイマスターのオススメなんですが、限定品故にちょいとお値段も張る為、俺的には正に “清水の舞台から飛び降りる” どころか “アカプルコの断崖絶壁からのダイヴ” 感覚で購入。

がしかし!

値段に偽り無しの旨さ!黒糖焼酎ならではのしっかりとしたコクはもちのろんろんの事、独特の甘みがふんわりと広がり、これまでの黒糖焼酎のイメージを大きく変える程の奥深さ!30度という高めのアルコール度数が全く気にならない位カパカパいけちゃう事間違いナッスィングでごじゃりまする。

Photo_4 そんな黒糖繋がりじゃ~あ~りませんが、今夜の1枚はBlack Sheep(笑)の『A Wolf In Sheep's Clothing』!ドレズとミスタ・ロングのコンビは、ジャズをベースにサンプリングしているにも関わらず、COOLというよりはどこかコミカルで暖かく、中でも 『The Choice Is Yours』 はHIPHOP史に残るクラシック中のクラシックと呼べるナンバーですわな。当時はクラブでもよ~くかかっていたこの曲、適度にレイドバックした感じで踊る事が出来るダンサーにも人気のナンバーでした。

いやいや、なんかメタメタ懐かしさに浸ってきましたぞ!早速レコ棚から引っ張り出して聴いてみるとしましょうか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

『霧島酒造 赤霧島』

ども、久しぶりの俺です!

先週末より3日間チラシ特売日として忙しい毎日を送っておりました俺ですが、みなさん季節の変わり目風邪などひいてないでしょうか?

俺はと言いますと、風邪なんぞはひいてなくても色んな意味でイマイチ、イマニ…いや、イマサン位の1週間だった。久しぶりの休みである今日もついさっき音楽をガンガンに聴きまくりながらチャリをこいでる為にエンジン音もクラクションも聴こえやしねぇヤンキーをバイクでひきそうになり、あたかもお弟子さんをカナキリ声で叱り付けるヒステリック時の華道家 假屋崎氏のごとく、そいつの自宅の前で親が出てくるまで教育的指導をドナリちらす始末…嗚呼、どうやら大殺界突入の気配で御座います(笑)

という事で今回ご紹介するお酒は焼酎ファンの間ではもうすっかりおなじみである 『霧島酒造 赤霧島』 でござんす!Photo 最近では “金霧” なる商品まで世に出ておりますが、安定した人気とプレミアム感を併せ持つこの1本を愛してやまないってファンも多いことだと思います。

以前俺が購入した頃はホントにこの “赤霧” を欲するムーヴがバンバンに感じられ、至る所で信じられい位の “勝手なプレミアム価格” で売られているのを目撃する度に、オイオイと思ったものです。がしかし、日本人ってのはミーハー精神が強いのか、それとも既に新しい矛先に意識が行っちゃっているのか、物凄い需要感ってのは一時期に比べて随分と落ち着いちゃってる感は大きい様な気がします。

つまり、売る側にとって大事なのは一時期の “たまごっち” 状態になっちゃいけないといいますか(笑)。もったいぶると一番のヒットポイントを逃しちゃう可能性があるんだな~って思うんですわ。ただコイツはホントに見極めが難しく、その商品の魅力やその持続性ってのを十分に把握・認識するだけでなく、攻め時やアプローチの仕方なんかを十分考える必要もある訳で…いやはや、ホント難しいものです。

ただ、本当に“旨い”と思ってこの1本を購入しに来られたお客さん達にとっては本当に嬉しい1本になったと思うし、又そんなしっかりとした“焼酎ファン”の方に喜んでもらえる商品を提供できるって事は酒屋冥利につきる!ってな感じなんですよホントに!なんつったって “価格面” で言えばホントにメタメタ良心的なんだもんっ!

Redman っつ~事で、赤霧島繋がりっちゃぁ無理がありますが、今回の1枚はREDMAN(笑)の1st『Whut? Thee Album』を聴いてみようじゃあ~りませんか。ま~90年代初頭には次々と実力派のニューカマーがシーンに登場してきましたが、REDMANはホントに存在が際立っていた様な気がしました。元々EPMDの大ファンでもあっただけに、エリックサーモンプロデュースという事でかなりの期待をしていた俺。もちのろんろんでかなりのDOPEかつファンクネスな音がたっぷりつまったアルバムだろうとわくわく動物ランドだった訳ですが、正に当時の“ハードコア・HIPHOP” の代名詞的作品であろう(ちょっとオーバーかな)と言えます…いや、言わせてくれ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »