ビール

2008年9月22日 (月)

『Birra Moretti モレッティ・ビール』

ちすっ!俺っす!

ってか随分と涼しくなったと世間では言ってますが、そんなもん朝夕のみの話で日中はまだまだクソ暑い日が続いておりますですよハイ!特に外の作業が多い日には、仕事開始15分後には背中がビッショリになるくらいの不快指数120%状態の毎日…ただ、だからこそまだまだ “ビール” が美味い!と思えるのかもしれませんけどね。

現在ではビールと言っても発泡酒や第3のビール(新ジャンル)といった新勢力も、消費者にとっては同じカテゴリーとして味わってもらってる様な気もしますが、その中で俺が以前から気になって気になってしかたがなかったビールってのがあるんです。それが今回ご紹介するイタリアのビール『Birra Moretti モレッティ・ビール』Photo なんとも印象深いラベルだと思いませんか?このオッサンは不愉快なんだろうか…悲しいんだろうか…それとも超ゴキゲンなんだけど元々こんな仏頂面なんだろうか…???色々な憶測が俺の中で嵐の様に巻き起こり、他のビールや発泡酒と比較しても金額的にちょいとばかしゴージャスであるこのビールを遂に飲んでみる決心を固めた訳です。

す・る・と…

海外のビールらしいその国特有の“クセ”というものは比較的落ち着いてて、日本人でもすんなりと飲める感じのゴキゲンな1本だったんですわ!そのクセに結構なホロ苦さみたいな後味はキッチリと感じる事が出来るし、個人的にはかなり気に入った為に、翌日3本追加購入しちゃいましたの栗むいちゃいました!

ちょっと前に雑誌 『LEON』 がバカ受けし、“ちょいワル”なんつ~言葉も流行ったりしましたよね。でも結局バカ高いインポートブランドの服を買う余裕なんてなく、雑誌を見るだけで物欲しそうなため息をついてる中年男性は山ほどいた筈…ならばそんな手の届かない様な部分でイタリアを諦めるのではなく、手の届く範囲の “贅沢” ってヤツをする方がどんだけカッコよくてどんだけ楽しめる事か。確かにのんべぇにとっちゃ「安くて美味い日本のビール飲まずになにカッコつけてんだ!」ってな事になるんだろうけど、その “カッコつけ” に対する気持ちってのがなくなったら男は一気に老けちまいまっせ!

Do_theっつ~事でこれから俺はビールに関してはモレッティ1本で攻めて行きたいと思っておりますが、そんなモレッティを飲みながら聴きましょうよ『Do the Right Thing 』のサントラ! ご存知スパイク・リーの代表作であるこの作品、ブルックリンでピザショップを営むイタリア人親子と、そこでバイトするアフロアメリカンの視点から描かれたドラマですが、サントラにはパブリックエナミーの『Fight The Power』をはじめ、様々なジャンルの曲が散りばめられていますが、俺はもう一枚 “スコア” の方も持ってて、そっちの方はスパイク作品ではおなじみのテレンス・ブランチャードのペットを始めとして、映画のシーンが鮮明に蘇って来るようなスコアが満載でっせ!どっちも持っててこその、ジャンキーですわなコレ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月 9日 (火)

『KIRIN“秋味”』

『KIRIN“秋味”』

先日、えれ~いろっぽいお客さんがお店に来た時の話。

彼女は超ミニのデニムスカートにビッチビチのタンクトップを羽織り、なんともま~たまらん“不二子ちゃ~んオーラ”を発していた。ところが彼女の後から入って来た彼氏らしき男がなんともま~つまらん“チャバネゴキブリオーラ”を垂れ流しているというかなんというか…要するに全っ然イケてないんだわさ。
ところがさ、そんな彼氏を好きになるって事は彼女もつまり…案の定、そのカップルが“日本版シド&ナンシー”であるという事に気がつくまではそう時間もかからなかった。コレがマジ会話の内容だぜ?イクラちゃんもビックリだぜ?

「にぇえにぇえ~、アチキはゴキュゴキュ系がいいぞなぁ~!」
「ふむふむ、ほんなら“愛だろ?愛”系でいきますか!…と言いたい所だけどおお~?」
「にゃににゃに~?」
「今夜は雨が降るという予測なので、フィレオフィッシュとルービーで決定!金メダル!」
「キャハハハ~!ト○くんオモロオオオオ!」

…気分良くV6の“メイドインジャパン”を鼻歌でゴキゲンに歌ってた俺も、流石に彼らの不思議発不思議行きの会話を聴いた後は、近くに陳列してたアルコール度数96%のウォッカ“スピリタス”をグラスに並々に注ぎ「当店ご自慢の“飛騨高山天然伏流水ミネラル風味”です!どうぞ!」と差し出してやろうかと思いました…嗚呼、でもそんな肥後っ子シドを羨ましく思う俺がいるのが情けないっちゃぁ情けないんだけどね(笑)


さて、今回ご紹介するのは店舗でも大々的に特設コーナーまで作って鬼の様な販促活動に燃えに燃えている季節限定商品であるビール
『KIRIN“秋味”』で行ってみましょ!

Photo_6 毎年この時期になるとお目見えするのが恒例となっている“赤ラベル”。キリンの他種と比較して麦芽使用量1.3本分。アルコール度数もちょい高の6%と、随分と贅沢な仕様となっています。クソ熱い夏にグビグビッとかき込む様に飲むビールは、まさに“喉越し命”的な部分を求めら…いや、とにかくキンキンに冷やしてガンガンに飲むってな感じが一番美味かったんだけど、少し気温も落ち着いてきたこの頃、おいしい料理などと一緒にしっかりと味わいながらジックリと美味さを堪能するには持って来いのビール。俺は個人的に“濃い”や“強い”ってなキーワードの酒が大好きなもので、この秋味も個人的には超お気に入りの1品でやんす!

Photo_5 サンマかなんかとこの秋味…そんな夜にピッタリのHIPHO…なんてねぇよ!(笑)。でもね、やっぱじっくりと音楽を“味わう”のならばやっぱ大人のR&Bってな事でBrian McKnightの『Anytime』なんてどうっすかね!。なんだか今シーンを熱くしてるってか、もっと簡単に言えば“売れてる”R&Bのアーティストって結構な若手が多いでしょ?俺がR&Bアーティストに一番求める部分は“歌える”事…ガンガンイカしたダンスなんていらね~よ(笑)。そこいくとBrian McKnightなんてホントに安心して聴けるわな。

PS ちなみに最初に紹介したナチュラルボーンバカップルなんだけど…結局カクテルパートナー2本と、かっぱえびせん韓国海苔風味を買って行きやがった
愛だろ?愛(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)